沖縄は海がきれいなことで有名です。

その中でも特にきれいだと言われているのが、青の洞窟です。

恩納村の真栄田岬にあるのですが、アクセスも良く、日本とは思えない景色だという声があります。

【青の洞窟の美しさ】

沖縄の青の洞窟の美しさは、太陽の光が透明度の高い海中を通り、白い海底(石灰質のため)に反射します。

その光が洞窟の天井などを照らすので、洞窟全体が青く光って見えるところです。

それを目の当たりにしたら、ここが日本であることを忘れるくらいです。

【熱帯魚餌付けもできる】

青の洞窟では、体験ダイビング(ライセンス不要)やシュノーケリングができるようになっています。

どちらの場合でも、熱帯魚餌付けができ、熱帯魚とかなり近づくことができます。

青の洞窟の魚たちはとても人に慣れているので、近づいてきてくれます。

普段経験できないことができるので、とても人気となっています。

【ツアーを利用すると便利】

青の洞窟へ行くには、体験ダイビングかシュノーケリングかを選んで行かなければなりません。

これは、沖縄のツアー会社がそれぞれ工夫していくつかのツアープランを紹介しています。

それらの中から予算や内容などを比較して自分たちで決め、申し込んで行くという形になります。

ダイビングやシュノーケリングは機材が必要ですから、これらのレンタルも含めたものを申し込むと良いでしょう。

これなら水着とタオルだけを持参すれば参加できます。

いろんなプランがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

沖縄に行ってあちこち観光するのも良いのですが、やはりマリンスポーツを楽しみたいという人は多いのではないでしょうか。

美しい海で様々なマリンスポーツが楽しめるようになっていますので、ぜひやってみましょう。

【ダイビングならやっぱり青の洞窟】

沖縄の恩納村にある真栄田岬に青の洞窟というダイビングスポットがあります。

海水の侵食によってできた洞窟で、太陽光線の反射で青く輝くので青の洞窟と呼ばれています。

この青さは神秘的と言われており、ここでないと見られないので人気となっています。

この場所でのダイビングは、それほど深度がありませんので初心者でも安心してできます。

初心者でも潜れる深度とは?深度についての説明はココ(https://allabout.co.jp/gm/gc/459710/)が分かりやすくてオススメです。

【シュノーケリングでも海を満喫できる】

沖縄の海を満喫するのはダイビングだけではありません。

ダイビングが少し不安だという人にはシュノーケリングがおすすめです。

魚にものすごく近づけて、餌付けもできます。

シュノーケリングツアーを組んでいるところもあるので、申し込んでみましょう。

スタッフが丁寧に教えてくれますので初めてでも大丈夫です。

青の洞窟でもシュノーケリングツアーは行われています。

【いろんなものにチャレンジ可能】

沖縄では、ダイビングやシュノーケリングだけでなく、パラセーリングやフライボードなどのマリンスポーツが経験できるのが魅力です。

普段できないようなことを沖縄で体験してみるのも良いでしょう。

インストラクターがきちんと付いてくれるようなところで行うようにし、安全には十分気をつけて楽しみましょう。